スポンサーリンク

マリー・アントワネットは夫を愛していなかった⁉ルイ16世とは政略結婚だっ!?

調べ事

フランス革命により、命を落としたフランス最後の王妃マリー・アントワネット。

マリー・アントワネットはフランス皇太子のルイ16世の妃でしたが、彼女はルイ16世を夫として愛してはいなかったと言います。この記事では、ルイ16世をどうして愛していなかったのか、検討していきます。

リリィ
リリィ

私はこちらの本を読みました。
↓ ↓

スポンサーリンク

ルイ16世を愛していなかった理由は?

マリー・アントワネットは14歳の頃にルイ16世との結婚が決まりました。当時、オーストリアとフランスは仲が悪かったため、マリーはルイ16世と結婚する事を不安に思っていました。

マリーはフランスの皇太子の妃になれば、オーストリアとフランスの関係が変えられるのだと知り、彼女はフランスに行くことになります。

ですが、ルイ16世とマリーは性格や趣味などが正反対であり、マリーは夫との関係に悩んでいました。ヴェルサイユ宮殿で暮らしていくうちに、マリーは心優しいルイ16世に魅かれていきます。

ルイ16世はマリーにとって大切な存在でしたが、夫としては愛していなかったんではないかと思っています。

愛していなかった理由は、趣味の問題ではないかと私は思っています。ルイ16世は動物を狩ったり、機械いじりが趣味だったようです。

一方マリーは、元気でとにかく動くことが大好き!子供の頃は勉強をせずに、踊ってばかりいました。ルイ16世とマリーが会話しても話が釣り合わないため、楽しんで話ができないでしょう…

他人の噂話を聞いて毎日を過ごし、夫とは楽しい笑い話もできない…愛も自由もない生活だったためマリーは自分の楽しみを見つけるために、夫を愛する暇などなかったのではないかと思っています。

マリー・アントワネットが生涯唯一愛した男性は誰?

そんなマリー・アントワネットでも、生涯で唯一愛した男性がいました。ハンス・アクセル・フォン・フェルセンという、貴族の青年です。

マリーとフェルセンは舞踏会で出会い、お互い惹かれあいました。

フェルセンはフランス革命からマリーを救おうとしましたが、ルイ16世は妻のマリーに手を出したフェルセンが許せず、マリーとフェルセンは引き離されてしまいました。

しかし…フェルセンは変装をしてまで、マリーに会いに行きました。マリーとフェルセンはこれ以来合流することはありませんでした。

私は読んだことないですが「ベルサイユのばら」でも、マリーとフェルセンのロマンスが描かれているようです。

マリーの死後…フェルセンは何者かによって暗殺されてしまいました。フェルセンは暗殺されるその日まで、マリーを救えなかったことを悔やんでいました。

なぜ、マリー・アントワネットは悪人と思われるようになったのか

編集中

マリーが処刑されたその後は?

マリー・アントワネットと同じ時代に生きていた偉人たち

 

リリィ
リリィ

私はこちらの本を読みました。
↓ ↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました